福祉 バリアフリー

ビル

社会の福祉バリアフリー化

日本における福祉は世界的に遅れをとっていますが、近年はかなり進んできました。
公衆トイレのバリアフリーや各所の階段に手すりが儲けられて来ています。
バリアフリーは身体障害者だけではなく、シニア世代には欠かせないのが現実です。
階段の半分のスペースをスロープやエレベーターに変えているとことを多く見ますよね。
公共交通機関のバリアフリーも増えて、ノンステップバス・低床バスや停車ボタンを低い位置に設置など、普段は気が付かなくても周りにはたくさんあるものです。
点字ブロック・音響式信号機は早くから設置されて、とても身近なものですね。
また、自宅をバリアフリーにする人が増えています。
玄関やお風呂場・トイレなどの手すりは、目にする事が多くなっています。
床をフラットにしたり、老後の事を考えて新築からそのように建てる人が増えています。
必ずくる老後に向けて、少しでも住みやすい町になることを願いたいです。

関連情報一覧

社会の福祉バリアフリー化

バリアフリーで福祉の街づくり

福祉とバリアフリーについて

バリアフリーは必要なのか