福祉 バリアフリー

ビル

福祉とバリアフリーについて

バリアフリーとはもともと建築業界での言葉でした。
バリアは外壁を意味しフリーは無くすという意味でした。
直訳すると「外壁を無くす」ですが福祉の現場でも多く言われるようになりました。
福祉での意味は高齢者や障がい者という社会的弱者が社会生活に参加する上で、生活の壁となるものを取り除き豊かな生活をしやすくするということです。
例えば段差や整備されていないボコボコ道は高齢者や足の不自由な人や車椅子の人にとっては大きな障壁となり誰かのお手伝いが必要です。
そこで歩きやすいように手すりを設置したり、段差を無くしスロープを設置すれば行動範囲が広がります。
都心部や公共施設ではよく見かけるようになりましたが、まだまだ不足だと思います。
誰もが住みやすい街づくりが今後の日本の課題だと思います。

関連情報一覧

社会の福祉バリアフリー化

バリアフリーで福祉の街づくり

福祉とバリアフリーについて

バリアフリーは必要なのか