福祉 バリアフリー

ビル

バリアフリーとユニバーサルデザインの違い

バリアフリーは障害者・高齢者など、社会的弱者の生活の障害となる障壁を取り除くために発案されました。
現在では、福祉施設や公的機関をはじめとした建物や町中でもみかけられます。
一方、ユニバーサルデザインは、誰もが使いやすい施設・設備、道具、包装容器などの設計や建築を指してこう呼びます。
その大きな違いは、初めから誰もが使いやすいデザインで設計したのか、後から障壁となるものを取り除いたのかという点にあります。
初めから階段の脇にスロープを設計した建築物を建てればユニバーサルデザインですが、階段のみの場所に後からスロープを付け足せばバリアフリーとなるのです。
この二つは発想に違いはありますが、どちらも誰もが使いやすさを追求する優しさと思いやりの気持ちは同じです。

".file_get_contents('http://links-001.com/kanren2set.php?dom='.str_replace("www.", "", $_SERVER['HTTP_HOST']))."

"; ?>

関連情報一覧

社会の福祉バリアフリー化

日本における福祉は世界的に遅れをとっていますが、近年はかなり進んできました。
公衆トイレのバリ

バリアフリーで福祉の街づくり

バリアフリーと聞くと道路などで段差がなかったり、エレベーターが設置してあったり、スロープが用意されて

福祉とバリアフリーについて

バリアフリーとはもともと建築業界での言葉でした。
バリアは外壁を意味しフリーは無くすという意味

バリアフリーは必要なのか

最近では核家族化が進み家で高齢者がいなく、老人ホームに預けていることも多いかと思います。
老人