福祉 バリアフリー

ビル

バリアフリーで福祉の街づくり

バリアフリーと聞くと道路などで段差がなかったり、エレベーターが設置してあったり、スロープが用意されてあったりと高齢者や障害者にも優しい段差を取り除いた道などを想像する方が多いです。
しかし、本当の意味ではこういった建設的な段差を取り除いたものだけでなく、社会面や精神面での障害がなくなることがバリアフリーなのです。
福祉とは幸福と社会的援助を提供するという意味であり、社会全体で援助が必要な方も幸せになれるよう助け合うことが本当のバリアフリーになります。
こういった考え方で、建物だけでなく、社会的、精神的にもバリアフリーになる街づくりが福祉のまちづくりになっていき、みんなで協力し合うまち作りが最近進められています。

関連情報一覧

社会の福祉バリアフリー化

バリアフリーで福祉の街づくり

福祉とバリアフリーについて

バリアフリーは必要なのか